Logger Script
HOME > 業務分野 > 知識財産 > 営業秘密 Print

律村の知的財産権グループは、会社内の重要な技術情報および経営情報等、各種営業秘密の侵害と関連した民・刑事訴訟を遂行すると同時に、営業秘密の創出、管理、侵害予防等、営業秘密全般に関する法律諮問を提供しています。 特に、律村の知的財産権グループは、国内有数の大企業のために「営業秘密保護および侵害防止のためのコンプライアンス システム構築プロジェクト」を成功裏に遂行した経験を有しており、その経験を基に企業の重要な資産である営業秘密の価値および営業秘密を効率的に管理できる方法を熟知しています。また、律村の知的財産権グループには、多様な技術分野の専門家が在籍しており、技術に関連した顧客の営業秘密を実質的に把握、管理および保護できるだけでなく、営業秘密侵害のほとんどが社内職員を通じてなされるという点に注目して、HRチームの人材運用分野での業務経験を十分に活用し、他の法務法人とは一線を画した総合的かつ専門的な法律サービスを提供しています。
 

主なサービス

 

  • 営業秘密侵害禁止および損害賠償請求訴訟、営業秘密侵害禁止仮処分申請事件代理
  • 営業秘密侵害に関連した刑事事件代理(告訴人代理および被告訴人弁護)
  • 退職職員の前職の競業禁止と関連した各種仮処分および本案事件代理および諮問
  • 営業秘密侵害者を相手にした証拠保全および刑事告訴等、初期の法的対応方法諮問
  • 営業秘密譲渡契約、使用許諾契約、秘密維持契約および関連取引に対する全般的な諮問
  • 会社の営業秘密流出防止のためのシステム構築諮問
  • 営業秘密保護のための職員の入社および退社手続きに対する諮問
  • 海外企業の国内進出と関連した国内営業秘密制度と関連した諮問
  • 営業秘密関連海外訴訟/紛争に対する支援

  • 遺伝子産業に関連する情報および営業秘密流出防止のための前職禁止仮処分事件で、営業秘密保有者であるB社を代理
  •  LCD関連の営業秘密流出を原因とした損害賠償および侵害禁止請求訴訟で、侵害者に指定されたD社を代理
  • 焼却炉設計図に関連する営業秘密流出を原因とした損害賠償請求訴訟および刑事告訴事件で、営業秘密保有者であるD社を代理
  • インク製造成分に関連する営業秘密流出を原因にした仮処分および損害賠償請求事件で、営業秘密保有者であるA社を代理
  • 国内自動車会社H社およびK社のために、営業秘密および会社情報保護のためのコンプライアンス プログラム構築諮問
  • 国内大企業C社のために、退職職員の競争業者就職および設立関連諮問
  • 国内大企業L社のために、営業秘密使用許諾契約書、譲渡契約書、共同技術開発契約書、物品供給契約書作成および検討諮問
  • 外国企業B社およびU社のために、韓国市場進出のために知っておくべき営業秘密関連制度および手続き構築諮問