Logger Script
HOME > 業務分野 > 知識財産 > 著作権(コンピュータプログラムを含む) Print

輝かしい技術の発展で著作物の利用方法も日々変化しており、これにより、著作権関連紛争も様々な形で大幅に増加しており、これに比例して権利者と利用者の双方が、著作物の利用に伴う取引費用が大幅に増加しています。また、韓米FTAの締結により著作権法が改正され、企業の立場では違法ソフトウェアの使用に伴う法的リスクが非常に高くなりましたが、これに関する法理解釈および判例が蓄積されておらず、権利者と利用者の双方が不安定な状態で危険を甘受なければならないのが現実です。
律村知的財産権グループは、このような現実の中で権利者と利用者の間のバランスのとれた客観的な視点を維持しながらも、正確な事実関係の把握と合理的な法理の分析を通じ、クライアントの立場で可能な最善の論理を開発して最大化することにより、様々な著作権関連の法律問題について最高の法律サービスを提供しています。特に律村知的財産権グループは、ITに関する深い理解をもとに、クライアントにより実効性のある法的助言を提供しています。


主なサービス

  • 著作権関連侵害禁止および損害賠償請求訴訟、仮処分申請事件の代理
  • 著作物の利用許諾に関する各種契約書および規約の作成・検討
  • 著作権侵害かどうかについての分析、コンピュータプログラムの分析および著作権侵害の可能性の検討
  • 著作権の調査、登録、評価、利用許諾、移転などの諮問
  • 企業買収・合併時の著作権関連の問題に関する実態調査および諮問
  • 著作権侵害者に対する法的措置および不当な著作権行使に対する防御についての諮問

  • MicrosoftのSPLAライセンス違反、著作権侵害告訴事件で被告訴人である韓国の大手企業を代理(無嫌疑処分)
  • 音声認識ソフトウェアの著作権侵害紛争でNuanceを代理
  • ウサギのキャラクター関連の著作権および不正競争行為禁止仮処分事件でLocusを代理
  • 韓国の有名IT企業のクラウドシステム構築のための諮問
  • 韓国の有名IT企業のMF-Cobolライセンス紛争の法律諮問
  • 韓国の有名オンライムゲーム会社の出版物のゲーム化事例についての諮問
  • 仁川アジア競技組織委員会のテレビ字幕フォーマットのライセンス契約書の検討および諮問
  • 有名保険会社のソフトウェアライセンス違反紛争に関する交渉および関連の問
  • 韓国名IT企業のWindchillライセンス違反紛争に関する交渉での諮問
  • 海外のソフトウェアメーカーのEnd-User License Agreementの条件検討および諮問