Logger Script
HOME > 業務分野 > 税務 > 国際租税 Print

国際租税チームは、外国有数のローファームおよび多国籍企業に勤務し、国際租税に関して豊富な経験を積んだ韓国および外国弁護士、国内外の大型会計法人で多様な分野にわたり国際租税業務を担当した会計士、移転価格税制専門家、国税庁で国際租税を担当しその実力が認められた国税庁出身の税理士で構成されています。 国際租税チームは多国籍企業の国際取引に対する租税諮問、国内企業のOutbound取引に対する租税諮問、合作投資および投資ファンドに関する租税諮問、正常価格産出方法の事前承認(APA)と移転価格税制諮問等、国際租税に関する総合的な法律サービスを提供することにより、高い顧客満足を得ています。
 

主なサービス

  • 多国籍企業の国内外取引に対する租税諮問
  • 国内企業のOutbound 租税諮問サービス
  • 合作投資および投資ファンド構成
  • APA
  • 移転価格諮問

取引諮問

  • Net 1 Technologiesが KS Net株式および経営権を引受ける取引を諮問
  • Seagateのサムスン電子 HDD 事業部引受取引の諮問
  • SK Global Chemicalの 韓国-中国bilateral APA 遂行

審判

  • 世界的な半導体パッケージングおよびテスト会社であるステツチチップペック コリアを代理して、租税条約の解釈を争った一連の租税審判で相次いで勝訴
  • コカコーラの付加価値税賦課処分事件で、租税審判院合同会議の認容を引き出す。
  • Louis Vuitton Korea 租税審判院の不服事件を遂行

業務

  • 企画財政部の要請で、韓国の移転価格課税制度整備方案に関連する業務を遂行
  • 海外の多国籍企業で構成されたコンソーシアムを代表するストックオプションに関連し、国内子会社が負担する費用の損金認定のための法令改正業務を遂行

その他

  • 米国所在の政府機関とフィリピン所在の国際機構を代理して、国内株式譲渡所得に対する源泉徴収の更正請求を遂行
  • Verification Issues Affecting the Korea-EU FTA, ABA Section of International Law, Customs Law Committee Newsletter (2014)  pdf
  • 国際租税の理解と実務、ヨンファ租税通覧 (2011) 

構成員

borchure

※ Please download Acrobat Reader to view, print and collaborate on PDF files. Get ADOBE READER