Logger Script
HOME > 業務分野 > 税務 > 税務諮問 Print

国内諮問チームは、税務諮問業務を10年以上おこなってきた租税専門弁護士、韓国国内外の大型会計法人で豊富な税務諮問業務の経験を積んできた公認会計士と税理士などを中心に、最高のサービスを提供しています。国内諮問チームの諮問業務は、一般企業税務、構造調整関連税務、金融取引関連税務、不動産投資および個人資産に関する税務計画(tax planning)、租税法令の立法ならびに改正業務など、クライアントの問題解決に必要な各種業務を扱ってます。

主なサービス
 

  • 租税諮問

     - 一般企業税務諮問(事前答弁、例規申請)
     - 各種構造調整関連の諮問
     - 金融商品の設計と実行段階の税務サービス
     - 不動産投資および個人資産関連の税務計画諮問
 

  • 租税立法の整備

     - 租税法令の立法
     - 租税法令の改正業務 

取引諮問・有権解釈

  • Seagateがサムスン電子HDD事業を引受する取引において最適の引受構造を諮問し、課税当局の有権解釈を成功裏に獲得
  • モルガン∙スタンレーのソウルスクエアビル(旧大宇センター)の買収過程において、8000億ウォン以上のrefinancing取引に関する租税諮問を提供
  • ING Real Estateが駅三洞ING TowerをKB資産運用に4,000億ウォンで売却する取引において、各種租税問題に関する諮問を提供
  • 合併資産規模24兆ウォンにおよぶKTとKTFの合併プロジェクトに関する全体的な租税問題を諮問
  • 1兆3,400億ウォンに及ぶロッテショッピングのGSマートおよびGS百貨店の引受取引において税務上有利な取引構造を立案するなど、様々な租税問題に関する諮問を提供
  • 新韓 BNP Paribas 資産運用の不動産私募ファンドが約5,300億円規模のソウル市中区センターワン(Center1)ビルを売却する過程において、様々な租税問題に関する諮問を提供
  • サムスン電子が三星LEDを合併する取引の各種租税問題に関する諮問を提供
  • 現代自動車グループが緑十字生命を買収する過程において、様々な租税問題に関する諮問を提供
  • 現代キャピタルがABSの債権者に支払ったwaiver feeが源泉徴収の対象ではないという趣旨の例規を成功裏にし、これを基に顧客が納付した税金の全額還付を受ける

構成員

borchure

※ Please download Acrobat Reader to view, print and collaborate on PDF files. Get ADOBE READER